• HOME
  • 住宅取得助成制度

住宅取得助成制度

栗山町若者移住促進助成制度

平成27年4月1日

栗山町若者移住促進助成制度とは?

栗山町に移住される若者・子育て世帯を対象にした「栗山町若者移住促進助成制度」が、平成27年4月1日から受け付けを開始しました。この助成制度はこれからのまちづくりを担う若者・子育て世代を増やし、活力あるまちづくりの推進を目的とし、栗山町に転入される40歳未満の方、もしくは中学生以下の子と同居される方に対する住宅支援制度を創設し移住促進を図るものです。

住宅取得費用助成制度

事業概要

町外に居住する40歳未満の方、もしくは中学生以下の子と同居されている方が栗山町内で住宅を取得し、移住される場合に住宅取得に係る費用の一部を助成します。

助成対象者

  1. 栗山町外に居住されている方が、栗山町内に移住目的で新築住宅を取得(新築住宅購入を含む)または中古住宅を購入し、平成27年4月1日から平成31年3月31日までに住民登録をされた方。
  2. 住民登録をされた日(転入日)において、住宅を取得された方の年齢が40歳未満、もしくは中学生以下の子と同居されている方。
  3. 取得した住宅に5年以上居住する見込みの方。(5年未満で当該住宅に居住しなくなった場合などは返還となる場合があります)
  4. 住民登録をされた日(転入日)前3年間において、栗山町に居住されていない方。
  5. 取得した住宅に居住される方全員が税金等の滞納がないこと。

※住宅の名義が共有の場合は、所有権割合が5割以上有している方。(2人いる場合はどちらか一方)

助成対象住宅

  1. 栗山町内に所在する自己の居住する家屋で、居住用床面積が50平方メートル以上の建物。
    店舗や事務所等がある併用住宅の場合は、床面積の2分の1以上が居住用で、かつ50平方メートル以上の面積がある建物。
  2. 3親等以内の親族から購入した住宅ではないこと。
  3. 中古住宅の場合は、土地代を含む取得費用(税抜き)が100万円以上の建物。

助成額

  1. 新築住宅を取得、または購入した場合  80万円
    • 町内事業者で住宅を新築した場合や町内事業者から新築住宅を購入した場合  加算額 20万円
    • エコビレッジに新築住宅を取得・購入した場合 加算額 20万円
  2. 中古住宅を購入した場合  土地代を含む購入費用(税抜き)の10%以内で上限が30万円
    • 取得した中古住宅がリフォーム工事を実施したもので、その対象工事の内容・費用が明らかな場合は、当該工事費(税抜き)の30%に相当する額(上限30万円)を加算。(ただし、住宅を取得した日前5年間において実施したリフォーム工事に限る)

      ※なお、中古住宅を取得した方がリフォーム工事を実施する場合、栗山町移住促進事業(中古住宅リフォーム助成事業)の要件に該当する工事であれば、当該助成も申請により受けられます。(ただし、上記住宅取得助成のリフォーム加算を受けていない場合に限る)

■住宅取得費用助成制度資料

中古住宅リフォーム助成制度

事業概要

町外に居住する40歳未満の方、もしくは中学生以下の子と同居されている方が、栗山町内で中古住宅を取得し、移住される場合に住宅リフォームに係る費用の一部を助成します。

助成対象者

  1. 栗山町外に居住されている方が、栗山町内に移住目的で中古住宅を取得し、その住宅をリフォームして平成27年4月1日から平成31年3月31日までに住民登録をされた方。
  2. 住民登録をされた日(転入日)において、住宅を取得しリフォームされた方の年齢が40歳未満、もしくは中学生以下の子と同居されている方。
  3. リフォームした住宅に5年以上居住する見込みの方。(5年未満で当該住宅に居住しなくなった場合などは返還となる場合があります)
  4. 住民登録をされた日(転入日)前3年間において、栗山町に居住されていない方。
  5. リフォームした住宅に居住される方全員が税金等の滞納がない方。

助成対象住宅

  1. 栗山町内に所在する自己の居住する家屋で、居住用床面積が50平方メートル以上の建物。
    店舗や事務所等がある併用住宅の場合は、床面積の2分の1以上が居住用で、かつ50平方メートル以上の面積がある建物。

助成対象工事

  1. 取得した中古住宅の増築・改築・修繕・模様替えに係る工事や建築設備に係る工事。
  2. 工事費用(税抜き)が50万円以上の工事。
  3. 町内事業者で建設業の許可を受けている事業者が実施した工事。
  4. 交付申請年度と同一年度内に完了する工事。
  5. リフォームした住宅に居住される方全員が税金等の滞納がない方。

※転入後にリフォーム工事を実施する場合は、転入日から1年以内に完了する工事。

助成額

リフォーム工事費用(税抜き)の30%以内で上限が30万円
※なお、中古住宅の取得において、栗山町移住促進事業(中古住宅取得費用助成事業)の要件に該当する場合は、当該助成も申請により受けられます。(ただし、住宅取得助成のリフォーム加算は受けられません)
※また、他の補助事業等に該当する場合で、補助金等の交付を受けたときは、当該対象工事費を除外して、助成金の計算を行います。

■中古住宅リフォーム助成制度資料

民間賃貸住宅家賃助成制度

事業概要

町外に居住する40歳未満の方、もしくは中学生以下の子と同居されている方で、栗山町内の事業所に勤務する正規雇用の方が、栗山町内の民間賃貸住宅を借りて居住される場合に、家賃の一部を助成します。

助成対象者

  1. 栗山町外に居住されている方が、栗山町内の民間賃貸住宅を借りて、平成27年3月1日から平成31年3月31日までに住民登録をされた方で、住民登録後1年以上居住された方。
  2. 住民登録をされた日(転入日)において、民間賃貸住宅を借りた方の年齢が40歳未満、もしくは中学生以下の子と同居されている方。
  3. 栗山町内の事業所に勤務する正規雇用の方、又は正規雇用される見込みの方(ただし、公務員等は除く)。
  4. 賃貸借契約の借主であり、家賃を支払っている方。
  5. 住民登録をされた日(転入日)前3年間において、栗山町に居住されていない方。
  6. 町内に他の住宅を所有又は借用していない方。
  7. 民間賃貸住宅に居住される方全員が税金等の滞納がない方。

助成対象住宅

  1. 栗山町内にあるアパート、借家等。

※公営住宅、町営住宅、社宅等事業主から貸与されている住宅、社員寮、3親等以内の親族等が所有している住宅は除く。

助成額・助成金の交付方法

  1. 助成額は月額家賃(共益費・管理費・駐車場使用料を含まない住居に係る月の賃借料)から2万円及び勤務する事業所から支給されている住宅手当を控除した額の2分の1の額。(千円未満切捨)
    ただし、単身世帯の場合は月額1万円、単身以外の世帯は月額2万円を限度とします。
  2. 助成金の交付方法は助成額の2分の1(千円未満切捨)の額をくりやまギフトカード加盟店会が発行する「くりやまギフトカード」で、残額を口座振込で交付します。
  3. 助成金の交付は5月と11月の年2回とし、前々月までの家賃の支払実績により助成します。

    ※なお、最低1年以上は居住しないと助成対象者とはならないことから、初回は転入日から1年を経過した以降の直近の支払月に交付します。

助成資格申請・交付申請

  1. 家賃助成事業を申請される方は、転入日から3ヶ月以内に関係書類を添えて、助成資格申請書を提出していただき、助成資格と助成予定期間の決定を受けていただきます。
  2. 助成資格の決定を受けた方は、毎年度2回、助成金の支払月(5月と11月)の前月までに交付申請の手続きを行っていただきます。

助成期間

住民登録をされた月の翌月の家賃から36ヶ月間。
※なお、下記規定により助成資格の喪失となった場合は、喪失した月の支払った家賃までを助成対象としますが、助成資格の取消となった場合は助成金は交付されません。

助成資格の取消及び喪失

助成期間内で、下記の事項に該当した場合は変更申請が必要となり、転入日から1年未満で該当した場合は助成資格の取消、1年以降で該当した場合は助成資格の喪失となります。

  1. 助成対象者が助成対象住宅に居住しなくなったとき
  2. 助成対象者が町内事業所に勤務しなくなったとき

※ただし、対象住宅要件を満たす別の民間賃貸住宅に居住する場合や、助成対象者が死亡し、又は転勤により単身赴任となった場合で、同居していた家族が助成対象住宅に居住している場合など、町長がやむを得ないと認める場合は助成は継続されます。
※居住しているアパートは変わらないが家賃が変更となったときや勤務先から支給される住宅手当が変更となったときは交付申請時に、「賃貸借契約の写し」や「家賃支払額証明」、「雇用形態及び住宅手当支給証明」などで変更となった内容を確認し、助成額を変更します。

■民間賃貸住宅家賃助成制度資料

■申込先・問い合わせ

栗山町役場ブランド推進課内
〒069-1512 北海道夕張郡栗山町松風3丁目252

電話:0123-73-7516(平日8:30~17:15) FAX:0123-73-2160

お申し込みはこちらから
お問い合わせ窓口
栗山町役場ブランド推進課

〒069-1512
北海道夕張郡栗山町松風3丁目252 FAX 0123-73-2160

  • お問い合わせメール
  • くりやまSATOYAMAライフ
栗山町